オカタジケ(okatajike)プロジェクト

中越地震を風化させない 「震災はまだ終わっていない、我々は復興に向けがんばってます」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お手紙

20070823224334.jpg

本日フリーペーパーオカタジケの読者様から心温まる励ましのお手紙をいただきました、本当にありがとうございます。これからもオカタジケをよろしくお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/23(木) 22:45:34|
  2. オカタジケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風評被害を吹っ飛ばせ!

新潟中越沖地震の際に東京電力柏崎刈羽原発内でおきた
●変圧器の火災
●微量の放射性物質を含む水漏事故
●その後に何度も修正される被害情報報告
原発への不信感からくる風評被害は中越地震の時より深刻で、今回の地震でまったく被害のなかった新潟市、佐渡市などの観光施設でも予約のキャンセルが相次いでいるそうです、逆に考えると新潟に遊びに行くのは今がチャンス!風評被害対策で無料開放の観光施設もあります、詳しい情報は各市町村のホームページでご確認下さい。

新潟観光コンベンション協会ホームページ
佐渡市ホームページ
  1. 2007/08/16(木) 13:10:28|
  2. オカタジケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越の誉 原酒造

2007年7月16日に発生した新潟県中越沖地震直後の報道のニュースで、ショッキングな倒壊映像が映された為に心配された方が多数いらっしゃると思いますが、幸いな事に原酒造社員の皆さんは全員無事、酒作りの心臓部である「仕込み蔵」「壜詰めライン」も1964年の新潟地震を教訓にした強固な建物に守られまったく損傷を受けていませんでした
DSCF0961.jpg

大正時代に建てられた土蔵、木造住宅は倒壊してしまい、危険と思われる建物は解体しました、現在業者の方と一緒に建物の下敷きになった貯蔵タンクを丁寧に掘り出している最中ですが、震災直後に原社長がたてた復興計画の第一ステップである「1ヶ月以内の壜詰め作業再開」は8月14日火曜日に実施され、社員の皆さんと協力していただいている業者様のおかげで完全復興に向け順調に作業が進んでいます
DSCF0968.jpg
DSCF0962.jpg

原社長様は
「地震で建物の60%は失ったが、会社の基幹部分は無傷で生き残った、我々には運がある!明治44年の柏崎大火、昭和39年の新潟地震、平成4年の中越地震など数々の災害を乗り越えてきた、先人の知恵を生かし今こそ社員の総力をあげて底力を見せ完全復興して<新生・越の誉>を皆さんにお目にかけたい!」とおっしゃっていました。
DSCF0958.jpg

我々オカタジケは原酒造様の完全復興を応援します

●原酒造
1814年(文化11年)創業、創業193年の老舗蔵。
1982年の日中国交正常化の際に当蔵銘柄「越の誉」を
当時の田中角栄首相が北京での晩餐会に持参した事が有名。
詳しくは原酒造のホームページをご覧下さい

  1. 2007/08/16(木) 12:00:15|
  2. オカタジケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。