オカタジケ(okatajike)プロジェクト

中越地震を風化させない 「震災はまだ終わっていない、我々は復興に向けがんばってます」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

茅葺きの家倒壊

今年の大雪で木間さんの茅葺きの家が倒壊しました
konoma 002
木間さんが住んでいる家もまだ雪の中です
konoma 001
オカタジケの象徴的な建物だったので非常にショックです・・・
スポンサーサイト
  1. 2010/03/11(木) 13:49:44|
  2. 木間さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木間さんのお米

2006年に少しだけ作った木間さんのお米をいただきました。いつもはお茶碗一杯しか食べない子供がおいしいおいしいとおかわりをするくらいおいしいお米です。今年はいよいよ皇室献上米を作った棚田が3年ぶりに復活してお米を作るそうです、オカタジケ実行委員会はこの棚田復活を新たに専用ブログをたてて完全リポートしていきますのでお楽しみに!
DSCF0615.jpg
  1. 2007/05/01(火) 23:31:24|
  2. 木間さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きっと来年は・・・

◆皇室献上米生産農家 木間更正さん
以前お伝えした皇室献上米生産農家の木間さんの続報です。地震のため通行不可能となっていた皇室献上米を作付している田んぼに行くための農道。これは木間さんの私道のため自費で修復を行わなければいけなかったのですが、これを新潟県の出資により工事されることになりました。木間さんの話では、もうあきらめようとしていたところ「これは新潟県の宝なので出資させていただきます」と、県の担当者が名乗り出てきてくれたそうです。現在はまだ工事中ですが、来年の作付け再開に向けて大きな一歩となったことは間違いありません。
km1.jpg
km2.jpg
  1. 2006/08/01(火) 15:48:53|
  2. 木間さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古民家

昨年の10月14日ブログに書きました木間さんに関するビッグニュースの詳細をやっとご報告できるようになりました。実は昨年10月に旧栃尾市より木間さんの茅葺の家を保存したいとう申し入れがありました。
木間さんの茅葺の家は明治初期に建てられた旧栃尾市で現存する最後の茅葺の曲がり家で、母屋+作業小屋+蔵の3点セットがそのまま残っていて、当時の農家の生活を知る事ができる大変貴重なモノです。
kominka1.jpg
この家は15年前まで木間さんが住んでいました、その後は雨漏りだけはしないように木間さんが自分で手を加えて来ましたが、近年は1人で雪降ろしをするのも大変な上に中越地震があったので解体することも考えていたそうです。旧栃尾市の熱心な申し入れもあり木間さんもいろいろ考えた結果、このお話を正式に受ける事を決められたそうです。
おかげさまで平地で4メートルの雪が積もるなど記録的な大雪だった今年の冬は、早速NPOのボランティアの方が雪降ろしを手伝いに来てくださり大変助かったそうです。水田はまだ用水路の復旧が間に合わず今年もお米は作れませんが来週の月曜日、茅葺の家の前にある水田で木間さんがご自分で食べるだけ分のお米の田植えをします.
kominka2.jpg
  1. 2006/05/20(土) 16:51:18|
  2. 木間さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木間さん

10月14日金曜日フリーマガジン「オカタジケ」の取材で木間さん宅へ伺って来ました、取材中にビッグニュースが飛び込んで来たのですがまだ正式決定では無いので今回のブログではご紹介できません。近日ご報告できると思うのでそれまでお楽しみにお待ち下さい。
konoma.jpg
<木間さん>
kaoku.jpg
<茅葺の家>
tanada.jpg
<木間さんの棚田>
今年は木間さんが自分で食べる分しか作付けできませんでしたが、来年はご支援いただいている皆さんにも食べていただけるよう頑張ります。
  1. 2005/10/16(日) 21:31:43|
  2. 木間さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。